子ども教育学科
子ども教育学科
子ども教育学科
Prev
Next

子ども教育学科Q&A

Q&A

保育士か幼稚園教諭になりたいのですが、短大に行くか大学に行くか迷っています。違いを教えてください。

障害のある子も一緒に学べるクラスが理想です。教員にはどんな配慮が必要となるのでしょうか?

子どもたちとだけでなく保護者とのコミュニケーションが上手にとれる教員になりたいのですが。

一種免許、二種免許の違いは何ですか?

公立の幼稚園教諭、保育士になるにはどのような準備をしなければならないですか?

ピアノは全く経験ないのですが、大丈夫でしょうか。

子どもの心理にも興味があります。人間発達学部子ども教育学科で学ぶことができますか。

保育士か幼稚園教諭になりたいのですが、短大に行くか大学に行くか迷っています。違いを教えてください。

短大では2年間で学ぶ課程を大学では4 年間で学びます。実際に短大の2年間は忙しく、通常の授業のほか、実習の準備と本番実習、就職活動、採用試験の勉強などを並行して行わなければなりません。大学ではこれらを段階的に行い、その間にこれからの新卒者に求められる深い専門性や豊かな人間性、指導者としての実践力を身につけて社会に出ます。また、取得できる幼稚園教諭免許が、短大では二種ですが、大学では一種となります。

障害のある子も一緒に学べるクラスが理想です。教員にはどんな配慮が必要となるのでしょうか?

障害のある子もない子も共に学び合える学級づくりは、これからの共生社会を担う子どもたちを育みます。障害のある子を特別視しない対応は大切ですが、障害の特性を理解した特別な配慮も必要です。本学科では、特別支援学校教諭の養成課程がありますので、通常の教育に関する知識や技術だけでなく、障害についての知識と対応を習得できます。通常学級に通うことが多いLD(学習障害)やADHD(注意欠陥/多動性障害)、高機能自閉症についても学びます。

子どもたちとだけでなく保護者とのコミュニケーションが上手にとれる教員になりたいのですが。

子どもにとって保護者や家庭環境の影響は大きなものです。子どもを知るうえでも、学校での教育の定着を図るうえでも、保護者とコミュニケーションを取ることは大切です。とはいえ、若い教員が年の離れた保護者の心情を理解したり、説得力を持って話をすることは、難しいと感じる場面もあるでしょう。そこで、本学科では保護者対応の専門科目を設けて、さまざまなケースに落ち着いて臨める心構えを養います。

一種免許、二種免許の違いは何ですか?

一種、二種の違いがあっても、英検のように能力の差を表すものではありません。教職を履修するにあたって、習得した単位数の違いです。公立の小中学校の採用は、採用試験の結果次第となりますので、一種、二種の違いが合否の決定的な違いになりません。私立幼稚園の場合、採用する側の意向もあるので、どちらが有利であるかは分かりません。

公立の幼稚園教諭、保育士になるにはどのような準備をしなければならないですか?

公立の幼稚園教諭や保育所保育士になるには、公務員試験に合格しなければなりません。自分が希望する市町村で募集があるか調べてください。試験内容も異なりますので、こちらも調べなければなりません。一般的に教養と専門分野の試験がありますので大学に入学後、各授業で一生懸命勉強して準備してください。教養は中学校程度の問題になりますので、中学生、高校生の皆さんは学校での授業に頑張って取り組むことも試験対策になります。

ピアノは全く経験ないのですが、大丈夫でしょうか。

将来、保育士・幼稚園教諭・小学校教諭になる皆さんにとって、ピアノは必須の技術です。大学では、ピアノ弾き歌いをはじめ、子どもたちの音楽活動を支えるために必要なピアノ技術を習得します。ピアノ未経験者は、大学入学までに、楽譜を読む練習や、簡単な子どもの歌を両手で弾けるようにしておきましょう。

子どもの心理にも興味があります。人間発達学部子ども教育学科で学ぶことができますか。

本学科は「心理学科」ではありませんが、心理学を専門とする複数の専任教員が在籍しており、カリキュラムの中で、「乳幼児心理学」、「発達心理学」、「臨床心理学」、「青年心理学」、「教育心理学」、「肢体不自由児の心理・生理・病理」、「パーソナリティの心理学」、「家族療法」などの心理系科目を学ぶことができます。さらに、保育者・教育者は子どもの心理を理解していなければ、保育や教育は困難ですから、そのような心理系科目は非常に重要になっています。