子ども教育学科
子ども教育学科
子ども教育学科
Prev
Next

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

子ども教育学科では、本学の課程を修め、所定の単位取得と必修等の条件を充たしたうえで、自利利他の精神に則った教養と保育・教育に関する専門知識・技能を修得し、次のような能力・資質を備えた人物に学位を授与する。

(1)豊かな人間性と教養
教育や保育領域に携わる専門的職業人に求められる、高い倫理観、豊かな人間性や、コミュニケーション能力を有し、社会の一員として適切な行動を身につけている。
(2)専門的知識
子どもに関する確かな知識と関心の深い分野の専門的知識を身につけている。
(3)問題発見・解決力
子どもをめぐる様々な今日的な問題を自分であるいはチームで発見、分析、解決する能力を身につけている。          
(4)多様な社会・背景を理解し対応する能力(多様性理解)
子どもをとりまく環境(家庭や地域社会など)についての理解と適切に対応できる技術を身につけている。
(5)自律的・意欲的に学習する力
自己教育力を具え、自己を成長させ続けるとともに、教育・保育の発展に貢献できる力を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(CP)

子ども教育学科では卒業認定・学位授与の方針に掲げる目標を達成するために、共通教養科目、専門教養科目を体系的に編成し、講義、演習、実習を適切に組み合わせた授業を開講する。カリキュラムの体系を示すために科目間の関連を示すカリキュラムマップを作成し、カリキュラムの構造をわかりやすく明示する。教育内容・教育評価については以下のように方針を定める。

Ⅰ 教育内容
(1)豊かで幅広い教養と感性を養い、深く人間を理解することのできる能力と国際性を培うこと、そして、本学の理念を生かすため、教養教育として「共通教養」と「専門教養」を設置する。
(2)「共通教養」は、本学の理念を生かし、人文・社会・自然諸科学の基礎から構成される「教養基礎科目」、人間について様々な角度から深く捉える科目から構成される「人間理解科目」、国際化・情報化に対応する実践力を修得する科目から構成される「リテラシー科目」から成る。
(3)「専門教養」では、子ども教育学科に不可欠である体育・人間関係諸科学・教育学等を開講する。専門教育に先立つ導入的科目である。
(4)保育・教育に携わる高度な専門性を養うため、学科専門科目として「保育・教育の原理」「保育・教育の内容」「保育・教育の方法技術」「実習」「実践演習」「特別支援」「卒業研究」を設置する。
(5)「保育・教育の原理」「保育・教育の内容」「保育・教育の方法技術」「特別支援」は、保育と教育に携わるに必要な基本的及び応用的な知識・技術を培うための科目群である。 
(6)「実習」「実践演習」は、保育者・教員になる上で不可欠な実習に係る科目群である。 
(7)「卒業研究」では、各学生が4年間の学修を総括すると共に、「得意分野」をブラッシュアップしていく。

Ⅱ 教育評価
子ども教育学科では、学修の達成状況を評価し進級の可否を判断するため、進級要件を設けている。さらに、卒業認定・学位授与に当たり以下に示す卒業要件に基づき、その可否判定を行う。
(1)進級要件
2年生までに70単位を取得していないと3年生には進級できない。
所属するコースで必修となる教員免許状の「教育基礎実習」の単位を取得できていない場合は、上記の単位数を満たしていても進級できない可能性がある。
(2)卒業要件
 子ども教育学科を卒業するには、教養科目、専門科目及び卒業研究で指定された科目単位を含めて128単位以上を取得する必要がある。さらに、保育・教育コースに所属する学生は幼稚園教諭一種免許状、教員養成コース所属の学生は小学校教諭一種免許状の取得が卒業要件に加わる。

アドミッションポリシー(AP)

子ども教育学科では、少子化が進む今日の社会で、建学の教育理念である「自利利他」=健大精神に基づき、「健康を基調とした人間中心型の福祉社会の創造に貢献できる指導的な人材の育成」という視点から、かけがえのない子どもたちの「いのち」と「未来」を預かるという重責に十分応えることのできる保育者・教育者を養成することを目指している。また、4年間で、保育・教育の現場でリーダーシップを発揮することのできる、豊かで高度な専門職の育成を目標としている。
そのため、以下のような資質・素養を備えた人を求める。
(1)豊かな人間性を有し、保育・教育に関心を持ち、保育者・教育者を目指す強い意志を持っている。
(2)保育・教育の専門的知識を身につけるために必要な高等学校卒業程度の基礎学力を備えている。
(3)探究心を持って、粘り強く学問に取り組むことができる。
(4)子どもを取り巻く社会に対して、幅広い関心と課題意識を持っている。
(5)特別な支援を必要とする子どもや子育てに悩む保護者を積極的に支援しようとする熱意を持っている。
(6)他者との協調性とコミュニケーション能力を持っている。