教職支援センター

ごあいさつ

 平成26年4月に、新しく稼働した9号館の1階に、「教職支援センター」が誕生しました。  平成24年4月に人間発達学部が、教員養成・保育者養成を行う4年制の専門学部としてスタートしたことを受けて、全学の教員養成と、それまで短期大学部で担っていた保育者養成とをまとめて新たな出発をしました。
 これまでも、看護学科での養護教諭の養成、健康栄養学科での栄養教諭の養成、社会福祉学科や医療情報学科での高等学校教諭の養成など、専門職としての教員養成が行われてきましたが、それらもひとまとめにし、さらに義務教育課程の教員養成を行う機関として、本学が「教職課程」のある大学として、新たな第一歩を踏み出したことになります。
 人生のスタートライン立っている幼児、児童、生徒の保育・教育は、これまでもこれからも、人がいる限り耐えることはありません。教職支援センターは、教職・保育職を将来の自分の姿として目指す学生たちの支援をする場所として歩んでまいります。
 すでに、関係する資料を整えたり、教職・保育職を目指す学生のための講座を開設したり、就職に備えての情報の提供や面接・論作文の練習の相談にのったりするなど、様々な活動を推進しています。

 また教職支援センターは、教職課程の管理や地域貢献としての免許状更新講習の実施などなど、幅広く取り組んでいきます。
 今後このページを活用して、いろいろな発信をしていきたいと考えています。
 どうぞよろしくお願いいたします。

170817_bannerB__Suisen_H30_170629入試サイトミニバナー資料請求バナー170406-広報-テレメールデジタルパンフレット170623 -認定看護師教育課程-特別支援教育免許法認定講習バナー