看護実践開発センター

おしらせ

ごあいさつ

看護実践開発センター長 棚橋 さつき

 2018年4月より2代目センター長を拝命致しました。棚橋と申します。
 専門領域は在宅看護です。どうぞ宜しくお願い致します。

 看護実践開発センターは2015年7月より開設し、認定看護師教育課程(認知症看護)を中心に活動し、4年目に入ります。
事業の柱としては、認定看護師教育課程の運営と、看護師実践教育の研修事業となっております。認定看護師教育課程では、第1期生30名の卒業生が認知症看護認定看護師として全国で活躍しています。また、6月には新たな仲間が加わりともに学びあい、12月には第4期生の募集を予定しています。 
  現在の医療事情は医療と介護の連携をどのように進めていくかが問われています。
 今年度は、そのような状況を反映した研修・公開講座も企画しています。

 皆様におかれましては、看護実践開発センターの趣旨をご理解いただき、ご支援賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


センター構想図

看護実践開発センター構想図

高崎健康福祉大学HPバナーデザイン一般33s農学部170629入試サイトミニバナー資料請求バナー170406-広報-テレメールtakasaki_kenko_fukushi_170_54デジタルパンフレット170623 -認定看護師教育課程-2018藤龍祭バナー